ザ☆シュビドゥヴァーズの日記

毎日更新されたりされなかったりする日記

演奏会「夏の終わりの小さな魔法」(おシュし)に参加してまいりました!

こんばんは、ヨン様です。

掲題にもある通り、本日ははやみん合唱団織声さん主催のジョイントコンサート「夏の終わりの小さな魔法」に参加してまいりました。 今回お声かけくださった織声の皆様、一緒に演奏会を形にしていただいた白高の皆様、そしてご来場いただいた皆様に改めて感謝申し上げます(シュビの面々もお疲れ様です)。 あまり時間的な余裕がないので、今日は簡単な感想だけ書いておきますね。 詳しい感想は別のメンバーが書くやろ!

織声さんのC.C.さくらメドレーからはじまった本日の演奏会ですが、後半のステージも含めて透明感のある合唱でしたね。 シュビドゥヴァーズが座っていた最前列の席で聞いていても女声がものすごくまとまって聞こえてくるのは、本当にすごいなと思いました。 普通、最前列で聞いたら、多少なりともばらついて聞こえそうなものです。 そんな位置環境でもピタッとそろって聞こえる声の統一感、そしてなにより歌っている方たちの表情の統一感が、雑味のないサウンドを生み出しているような気がいたしました。

そして毎回のことながら、白高さんも正統派値の高い合唱を披露してくださいました。 正統派値というのは、合唱親和値を演奏者数で乗じた値に選曲定数を加えることで得られる、当該合唱組織の合唱正統性の度合いを示す数値です。 嘘です。 それはさておき、白高さんは今回の参加団体で唯一正式な指揮者を擁していることもあり、音作りに対する強いこだわりを感じました。 繊細な部分と力強い部分のふり幅や語り掛けるような歌いまわしが印象的でしたね。 中規模合唱団ならではの、まさに正統的な合唱表現を目指しているように思いました。

そんな魅力的な2団体とご一緒する中で、シュビドゥヴァーズも「刺激物」「夏の暗黒魔法」などといった称賛の声をいただきました。 いやはや、まさかこんなに褒めていただけるとは! 「きれいなシュビドゥヴァーズ」を目指した甲斐がありましたね!!!

シュビドゥヴァーズが本格的なジョイントコンサートに参加させていただくのは、実は今回が初めてだったりします。 もちろん、副次的文化系合唱祭をはじめ、複数団体が出演する演奏会に参加したことはあるのですが、多少なりとも運営に関わるかたちで参加するイベントは今回が(たぶん)初です。 実際に参加してみて、今回の演奏会では、なんだか文化祭のようなお祭り気分を味わうことができたように思います。 方向性の異なる団体同士がお互いの魅力を引き出しあいながら一つの世界を作っていくというのは、難しくもあり、大変刺激的なインタラクションでもありました。 そういった意味で、今回の演奏会を企画し、弊団のような得体のしれない合唱団に貴重な機会をくださった織声の皆さんには、篤く御礼を申し上げたいと思います。

なお、今回のイベントに参加するにあたり、シュビドゥヴァーズと他団体との連絡・調整を全面的に担当してくださったのはimockさんです。 いやぁ、しばらくはimockさんに足を向けて眠れないナァ。 皆さんも、もしimockさんをお見掛けしたら「イケメン!」と声をかけてあげてください。

そんな状況ですので、個人的には「もっと協力できたかも」といった反省点も多々あるのですが、お叱りの言葉は改めてお受けするとして、しばらくはアホな状態になることをお許しいただきたく思います。 4月から続いた演奏会ラッシュもこれにて一区切りとなり、10月以降動画のアップロードやCD・楽譜制作を本格的に再開することになるでしょう。 今後とも寛容・寛大なお心でシュビドゥヴァーズを見守っていただければ幸いです。

最後になりますが、もう一度織声・白高の両団体の皆様、そしてご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。 どうもありがとうございました!

演奏会の前は早く寝よう

いよいよ明日は演奏会「夏の終わりの小さな魔法」ですよ!

……日付が変わってしまったので今日だよ……来年こそはがんばってよ……ライブツアーの最期でこんなことになるなんて


さらです。

普段柏に引きこもって出てこない当団としては非常に珍しいことに今年はステージ登壇が多く、ライブツアーなどと言っていましたが、 とうとう明日が泣いても笑っても本番ラッシュの最後となります。 この本番が終わったら久しぶりに艦これするんだ…

本番ラッシュ最後ということでしたが、今年のステージの中では最も「真っ当」なものになるはずです。

曲数はなんと副次的文化系合唱祭ステージの倍!すごい!まぁ副次的3曲しかやってないけど。

前日ですし、ちゃんとした人ならここで意気込みとか色々話すのかもしれませんが、 生憎シュビとしての意気込みはヨン様が語ってくれていたので、ここで今更私があれこれ蛇足を加えることもないかなと。 宣伝とかも、まぁ、公式のツイッターとかでやってるしいいでしょ。

個人的な事情としては、本番までに髪を切ろうと思っていたのですがあまりに忙しくて無理でした。嘘です。忘れていました。 まるでオタクのような長髪で出演することになってしまいましたが、私はオタクとかじゃないしアニソンとか全然知らないのでそこは誤解の無いようご承知おき下さい。

最近は気温がだいぶ下がってきており、ステージ衣装 (ただのスーツ) を来ても生命の危機を覚えることは無さそうで安心ですね。 開演が遅めというか夜なので帰りの気温を考慮した服装でお越し下さい。 ではでは。

ないものねだり

imockです。眠いので雑です。 いよいよ今週末はおシュし!よろしくね!

本編

私の家にはそこそこにもふもふなぬいぐるみがいます。概ね弟の趣味です。

なぜ人はもふもふを求めるのでしょう。それはきっと人間がもふもふしていないからです。

人間とは古来より無い物ねだりするのです。ギリシャ神話の時代から、空を飛ぶ鳥の姿を見て、空を飛べない人間は空を飛びたいと思っていました。ところが、時代が進むと人間は飛行機を発明し、空を飛べるようになりました。かがくのちからってすげー。

もふもふも、最初は動物の毛皮を拝借して作っていましたが、今となっては繊維を化学的に合成し、100%動物に由来しないもふもふを作り、思う存分もふもふできるようになりました。かがくのちからってすげー。

ないものねだりはストレスにもなりますが、不可能を可能にする創意工夫のきっかけであり、文明の原動力であるのです。自分が何かできないことがあった時には、単にそれを悔しがるだけではなく、しっかりと分析してみましょう。そうすれば、未来の自分はできるようになっているかもしれませんし、できないにしても諦めがつきます。

以上、おちんぎんと休暇をないものねだりするimockでした。

演奏会「夏の終わりの小さな魔法」一週間前!

こんばんは、ヨン様です。

一週間前も演奏会(副次的文化系合唱祭)でしたが、いよいよもう一つの演奏会も一週間後に迫ってまいりました。

【夏は僕らの隣にいた。】

演奏会「夏の終わりの小さな魔法」

開演日時:2019年9月15日(日)19:30

会場:小金井 宮地楽器ホール

出演:織声/男声合唱団ザ☆シュビドゥヴァーズ/白浜坂高校合唱同好会

入場料:500円

t.livepocket.jp

本日のシュビドゥヴァーズの練習では、この演奏会の曲目を取り上げました。 曲によってはまだパート内で合わせていない曲などもありましたが、そこそこの完成度になっているのではないかと思います。 ちょっと懐かしい曲から最新のアニメソングまで、夏にふさわしいアツいステージをお送りできればと思います。 どうぞよろしく!

聴きどころはいろいろとありますが、個人的には「オーイシマサヨシメドレー」がポイント高めでしょうか。 歌いごたえのあるコード進行と作品の世界観にマッチした歌詞が魅力的です。 ラストは感動間違いなしですので、楽しみにしていてくださいね!!!!!

来週には台風も過ぎさって涼しくなっているといいなぁ。 体調管理に気を付けつつ、本番に臨めればと思います。

それでは!

マイクラと歩き食い

さらです。

最近たまにvtuberの人とかのゲーム配信をボーっと観ています。 近頃はマインクラフトが人気なのか、或いは私がマインクラフト好きだとyoutubeさんが勝手に認識したのか、よくマインクラフトの動画が流れてくるのでそれを流しています。

とりあえず私はあまり時間のかかるゲームができない病なので実際にマイクラで遊ぶ適性は殆ど無いでしょうし、 動画を順序関係なくランダムに観ているので実のところどういうゲームなのかもあまり把握できないのですが、 とりあえず雰囲気で何か作ってるのは分かるし、あとは女の子が可愛いからそれでいいんですよ。麻雀のこと全く分からないのに咲-saki-観てる人とかいるでしょ。

ところで一点すごく不思議に思っていることがあって、プレイヤーの方々が移動しながらポテトとかの食べ物を唐突にムシャムシャし始めるのは、あれはどういうモチベーションなんでしょうか。 体力回復とかなら分かるんですが、体力満タンの時も唐突にムシャムシャし始めるので気になっています。定期的に食わないと死ぬシステムなんでしょうか。

歩いている間は手持無沙汰になるから食ってるみたいな感じでしょうか。それ完全にピザの志向じゃん……

或いはインスタ映え的とかそういうのを狙った買い食いに近い何かでしょうか。マイクラの人たちは壮大に食べかすをまき散らしながら食べていますね。インスタ目的ならもうちょっと綺麗に食べて。

あと他のプレイヤーと向かい合っている時にもいきなり食べ物取り出して食べだしたりするのは、新世代のビジネスマナーが感じられて面白いですね。私も今度クライアントと会議してる時にやってみたいです。


ということでちょっと気になっている話でした。

まぁググれば分かる話なんでしょうけど、今日は練習で疲れているのでググる体力も残っていません。 それでは。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR 千葉公演がすばらしかった話

副次的の感想:楽しかったです。やっぱりシュビは一般男声合唱団でしたね。以上。

こんばんは、エスティオです。

ライブ翌日に割と致命的なライブロスを受けてるのはかなり久しぶりです。 なーはーの初舞台とは思えないパフォーマンスをまた見たい… らりちゃんのリアル柚また見たい… 今回はセトリも良かった…本当去年から今年にかけて何があったんでしょうね…?

まゆぽよはソロ初披露ということもあってか今まで見られなかったほどまっすぐな真剣顔も見られてよかったです。 セクシーギャルズも新曲"Gossip Club"を引っ提げてきたわけで…まさにギャル担当のまゆぽよはえがった…1日目より2日目の方が思う存分パフォーマンスしてるように見えてただただ楽しかったです。 2日目にサビの"G・A・L"をコールしてたのは私です。

なーはーコンビは本当に初出演なんですか?って聞きたくなるくらいしっかりとしたパフォーマンスを見せてくださいました。 自主練もかなりやったそうなので、レッスンの賜物なのでしょう。 立花さんの表情変化がなーを演じているか否かで全く異なっていてこれがまた良かったです。 なーはーに嵌まりそうで怖い。

らりちゃんのリアル柚はどこまでいってもリアル柚なので見ていてとても楽しいです。 振り決まってるんじゃないの?みたいなところでアドリブ入れてくるところとか本当楽しそうに入れるとこ好き。 早く柚にソロ曲ください。

なっぴーは安定の薫ちゃん…なつっこ音頭の時は一人だけ衣装が法被に隠れるとかいう可愛いムーブでした。あの人なんであんなに可愛いのん? 今回のテーマがコミカルポップなのもあって薫ちゃんが大活躍でした。 あれだけ動いて100%薫ちゃんを出せるのは流石…って感じですね。

あと、ウサミンはずるいと思います。 今回初めてウサミンが歌った曲で涙腺が崩壊しそうになりました。いやあんなん泣くやん。

今回去年までと比べても非常に純粋にライブを享受できたのですが、これは懸念事項が何もないままライブに挑めたのが大きかったと思います。 去年まではバラード帯に入ると(たまにアップテンポの曲中でも)「論文どうしよう」とか「この考察で博論通るのか」とかの悩みが脳裏を埋め尽くし始めていたものですが、もうプライベートに業務とかそんなものは持ち込まなくてよい立場になったためただただ脳死でライブを楽しめました。最高。

今回個人曲は割と1曲目からも取っていたため、名古屋公演では2nd SIDEが聞けることでしょう。 いくらダンスがテーマだからといってまたNBPは無い…と信じてます。 そろそろ虹色橋かけたい。

そろそろ今週唯一の出勤日に備えようと思います。 それでは。

P.S. 大阪公演ではなおかれが「虹」を歌ってくれるよ! 外れたら木の下に埋めてもらって構わないよ!

コンテンツの海に沈んだ音楽を求めて

imockです。

副次的文化系合唱祭お疲れ様でした。我々シュビドゥヴァーズはご縁ありまして5年連続5回目の出演、すなわち5年連続5回目のJogio, pero peroとなりましたが、 「実家のような安心感」「(Jogioを聴くと)今年も副次的に来たんだなぁ、と実感する」 などの沼に沈められた皆様からの感想をいただきうれしい限りです。

本題

今回Ani-pro.さんが「雪、無音、窓辺にて。」を演奏されていました。こちらは皆様ご存知の通りアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」第1期のキャラクターソングからの出典となります。ちなみにハルヒキャラソンだと私は「COOL EDITION」が好きです。朝倉さんはそこまで好きではないのですが。

アニメが放映されると主題歌とは別にキャラクターソングが販売されることはよくあることなのですが、認知度の高いキャラクターソングはごくわずかしかありません。私がハルヒ以外でパッと思いついたのは「らき☆すた」の「寝・逃・げでリセット!」と「ひぐらしのなく頃に」の「なのです☆」くらいでした。ハルヒのキャラクターソングは2期も存在するのですが、アニメそのものがあんまり売れなかったこともあり影は薄いです。今回副次的で披露した「太陽曰く燃えよカオス」は「這いよれ!ニャル子さん」のOPですが、キャラクターソングを一通り聞いたことのある方は少ないのではないでしょうか。

アニソンの世界は過酷です。曲が良くても元のアニメの人気が今一つだったり、某アニメのように炎上したりなど様々な要因でたくさんの音楽がすぐに忘れ去られてしまったり、あるいは存在に気付かれすらしません。大海原へリリースされても、すぐに沈んでしまうのです。キャラクターソングに至っては売上目標枚数も低いですから、極端に例えれば大海原ではなく近所の川にリリースされ、知らぬ間に海に流れ込んでいるようなものです。

また、日々残業に追われ忙しい中、コンテンツの供給量が多すぎ、かつ供給速度も速すぎて追い切れないのが現実です。私も含め消費者というものはワガママで飽きっぽいので仕方ないことではあるのですが……。

そんな中、天文学的確率で出会い、心を動かした音楽があるのではないでしょうか。もしその音楽が合唱に向いていたら、ぜひ副次的文化系合唱祭でガチでアピールして、聴衆の心を動かしてほしいのです。それが、我々アマチュアの二次創作をただの自己満足で終わらせず、オリジナルにも報いることができる行動なのではないでしょうか。

珍しく仕事が早く終わったのでとてもまともな内容となりました。今後ともどこかの舞台でお会いしましょう。イモ。